良かったと思うカニを購入

どうせなら美味しい方がいいに決まってます

  1. カニ通販人気
  2. 美味しいカニの選び方

茹でたカニを見分けるコツ


カニに触れないとダメなので、デパートなどでしっかりと箱詰めやラッピングしてあるようなものは難しいかもしれませんが、市場やスーパーでもできる方法です。

産地に近いお土産屋さんなら、ほとんどができると思います。

だた、カニに触るときは慎重に。

ご存じのとおり、脚が取れてしまうと、一瞬にして訳ありカニとなってしまい、価値が急激に下がってしまいますので。

ネットでは直接触ることは無理ですが、いつもとは違う極端に安くなっている場合は、注意も必要ですね。


1.まずは色がいいかどうかを見ます

甲羅の赤色が鮮やかなのが美味しいカニの基本です。単体で見ると分かりにくいかも知れませんが、比べてみると分かるので、意外と分かるものですよ。
なんとなく焦げ茶ぽい蟹や発色の良くないものは鮮度が落ちている可能性が高いので、要注意です。

おなかの色は通常黄ばんだようなクリーム色です。
それとは別に黒っぽいものは要注意です。
茹で方が悪く、味噌が染みてきてるんですね。

茹で方が悪いと、味噌が固まらずに流れるので、当然味噌の量は減ってしまいます。
しかも味噌が身と変に混ざってしまって美味しくありません。


2.甲羅を見ます

甲羅が見て乾いていないものを選ぶのが良いです。
乾いているのは茹ですぎていて、身が細くなってしまっていたり、塩辛くなっている可能性が高いですね。

逆に茹で方があまいとカニの甘みが落ちますので、もし触れるなら軽くつまんでみましょう。
汁がダラダラと出たら、NGです。
茹で方があまいか、解凍の段階で失敗しています。

あと触れる場合は甲羅が堅いものを選びます。
甲羅がやわらかいものは、脱皮して間もない可能性が高いので、身がしっかりしていません。
脱皮直後はカニは外敵から自分をまもれないので、ほとんど行動しないからです。

フジツボやカニビル(黒いぶつぶつ)が付いていると見分けやすいですね。

カニの種類によっても違いますが、毛ガニはもともと柔らかいので、これも他のカニと比べてみるのがいいでしょうね。
比べてみて、特に柔らかいのは注意ですよ。


3.持ってみます

店員さんに一声かけると持たせてくれるところがほとんどだと思いますので、持ってみましょう。
(このとき脚が取れないようにくれぐれも注意してくださいね。)

ズッシリ重たいのは身がしっかりしていて詰まっている証拠です。


4.香りをチェックします。

特にお腹の部分を嗅いでみて、変な匂いがしないかを確認しましょう。
新鮮なカニはほんのりカニの香りがしますから。