ダイエット中でも大丈夫

栄養も満点

  1. カニ通販人気
  2. カニダイエット

高タンパクなのに低カロリー


カニが高タンパクなのに低カロリーなのはもう有名ですよね。
高級な食材ってどっちかっていうとカロリーが高そうな感じがするのに意外ですよね。
お金持ちの人が痛風になりそうな感じの(笑)

でもカニは逆ですよ。

ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン、亜鉛、鉄、銅などのミネラル分も多くってたくさんの栄養分が含まれたスーパー食材なんですよ。

他にもタウリン、カロテン、アスタキサンチン、グリコーゲン、カルシウムなど、サプリメントにも多く使われている成分も豊富なんです。

特に気になるものをちょっと見ていきましょうか。


なんといっても低カロリー

まずはカニが100gあたり、約60kcalってことを押さえておきましょう。
60kcalですよ。


100gあたりのカロリーを他の食材と比較してみます。


牛肉はというとバラは約500kcalあるんです。豚のバラは380kcalくらい。
ロースでもだいたい300kcalです。

お肉と比較されてもって方のために、お魚ではどうでしょう。

マグロのお刺身(赤身)120kcalくらいだし、焼きさんまは300kcalくらいです。

白いご飯はだいたい160kcalでしたよね。

だいたい何と同じくらいかというとブルガリアヨーグルトがだいたい60kcalくらいでなので、ヨーグルトと同じですね。
あっ、加糖のものはダメですよ。たぶん100kcalを超えますので。


ちなみにポテトチップスは500kcal以上だそうですので、ダイエット中の人はやっぱりポテチは控えた方がよさそうですね。


アスタキサンチン

アスタキサンチンの主な働きは活性酸素を抑制、除去することです。
よくいう「抗酸化作用」ですね。

活性酸素を抑制できると老化防止が期待できるので、アンチエイジングの業界からも大注目の成分です。

アスタキサンチンの抗酸化作用がどのくらい強いかというとビタミンEの約1,000倍、β-カロテンの約40倍もの抗酸化作用があると言われています。
シワやシミなどの老化現象に関わる活性酸素を除去することで、アンチエイジング効果が期待できます。

また、脂質の代謝もアップさせてくれるので、体脂肪が消費されやすくなるので、ダイエット効果も期待できますね。


タウリン

栄養ドリンク剤でよく見ますよね。
ユンケルとかチオビタとかりゲインとか。

肝機能にいいとされる成分で、中性脂肪などを排出してくれて、脂肪肝などからくる動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立ちます。

交感神経を抑制する効果もあって、塩分の摂り過ぎによる高血圧の改善には特に有効と言われています。

ダイエットにも効果的で、血液をサラサラにしてくれる効果があって、血液循環が良くなるので、新陳代謝が活発になって脂肪が燃焼するというわけです。


グリコーゲン

カニみそにはグリコーゲンという成分が豊富なので、疲労回復に効果を発揮します。

スポーツの世界でも相当注目されているグリコーゲンを含んだカニは生活習慣の疲れも吹き飛ばしてくれる!?でしょう。